間のある家

使い方、いろいろ。
天窓からの光が降り注ぐ、2階の中央に置かれた利用方法が決められて
いないその場所を、住まい手が生活する中で自由に彩りをつけていく。
その空間があることで、毎日がどこかワクワクして楽しくなるような、
そんなマルチスペースです。

  • 【茶の間カフェ】 茶の間のようなカフェにして、ママ友や友人とのおしゃべりで楽しいひと時を過ごす。小さな子供のお昼寝の場にも。

  • 【読書・勉強】 天窓からの光が目にやさしいスタディスペース。時には時間を忘れ読書に夢中になったり、子供の読み聞かせの場にも。

  • 【ままごとの間】 親子の絆を育むためには、パパとママのスキンシップはとても大切なこと。パパとママが愛情をかけることで、子供の知恵や教養、感性を育む場所に。

  • 【吹き抜け】 天窓の光がリビングに直接降り注ぐ。開放感あふれる吹き抜けスタイル。

  • 【美と健康のエクササイズ】 美と健康は幸せな日常を送るための欠かせないもの。日々の積み重ねでキレイをキープする。

  • 【GARDEN】 住まいに花や緑のある暮らしは、心にやすらぎをもたらしてくれる。格子の上をたくさんの植物で彩って自然と触れ合うガーデンスペースに。
プラス間 標準プラン1,350万円(税別)
「プラス間」は、住む人たちに彩ってもらえるように、
あえて余白を用意したシンプルな住まい。
建てる時も、そして建てた後も、
家族のライフスタイルやライフステージの変化に、
しなやかに対応する自由度の高い家です。
永く使い続けられる住まいは、
同時に環境へのやさしさを備えています。
家と住まい手が共に成長していく。
そんな新しい住まい方をご提案します。
自由に彩るプラス間
2階中央のマルチスペース。十人十色、使い方の創造は無限大。
豊かな暮らしの可能性が広がります。
家事がはかどるオープンキッチン
主婦は子育てや仕事、日常の家事に追われて休む暇のないことも。
毎日のことだから効率的に家事ができるよう動線にも配慮しています。
光を取り込む家
住まいの中心に配置された「間」から天井を見上げれば天窓。
天窓から降り注ぐ光が、2階部分の格子の床をすり抜け、家全体に広がります。
家族の気配を感じる空間づくり。
吹き抜けで1、2階をつなげることで、
いつでも家族の気配を感じられるようにしました。
間取り図

建築面積:57.96㎡(17.53坪)/ 延床面積:96.88㎡(29.3坪)/ 1階床面積:49.68㎡ / 2階床面積:47.20㎡ / テラス:3.72㎡

街に溶け込むニュートラルな外観デザイン
基本性能のクオリティを大切にしながら建物の凹凸を無くしシンプルでスッキリと仕上げました。自然と街に溶け込み、時を経てもあきさせないデザインです。ルーバーやテラスの位置、また部材やカラーの組み合わせを変えることで様々な表情を表すことができます。

2roofs×183colors

2種類の屋根形状、183色の外壁をお選び下さい。
「プラス間」は、平らな屋根と三角屋根のどちらか、
また外壁のジョリパット吹付仕上げは、全183色からお選び頂けます。

屋根イメージ

ライフスタイルに合わせ、
住まいをカスタマイズ

LIFE STYLE

「プラス間」は家族がひとつにつながる住まい。室内を仕切る壁をなくし、広々とした室内空間を作りました。
住む人のライフスタイルに合わせた自分らしい家づくりが可能です。アウトドアが趣味の人は玄関を土間にしたり、
お茶をたしなむ人はリビングの一部を和室空間に、自宅をSOHOにしている人は書斎を作るなど、
住まいに自分を合わせるのではなく、自分のライフスタイルに家を合わせていきましょう。

イメージ1
  • アウトドア
  • アクティブな方には玄関スペースに土間を取り入れた プランをご提案致します。大きな荷物の出し入れや、道具のお手入れなどに十分な間口です。
  • 間取り1
  • ↑ 図をクリックすると拡大表示します。
イメージ2
  • 和室空間
  • 客間として、リビングとして、趣味のお部屋として。
    畳の薫りを生活に取り入れることで、「和」の趣きを
    日常的に感じられます。
  • 間取り2
  • ↑ 図をクリックすると拡大表示します。
イメージ3
  • 書斎
  • 仕事をするためのスペースを確保したプランです。
    玄関から生活スペースと仕事場への入口を分離することで
    プライバシーの確保とオンオフの切り替えが可能です。
  • 間取り3
  • ↑ 図をクリックすると拡大表示します。

LIFE STAGE

家族の成長に合わせ、家も成長していく

夫婦二人で住み始めた住まいに子供たちが誕生する。その子供たちも成長し、やがて独立していく。
「プラス間」は内部の間仕切り壁を自由に変更することで、家族の成長にもフレキシブルに対応できます。
人が家に合わせて生活するのではなく、家も家族の成長とともに変化することを理想としました。
「プラス間」には、子育て世代がのびのびと自由に生活を楽しめるような工夫があふれています。

サスティナブル

永く使い続けられる、
サスティナブルな住まい
例えば、夫婦と子供二人の4人家族の場合、時間の経過の中で必要とされる空間が異なってきます。
「プラス間」は最初から完成形を作るのではなく、少しずつ足し算をして、時には引き算をして、
楽しみながら住まいを変化させていくことが出来ます。

ステージ

デザイナー

大同デザイナーズハウス + 建築家 木村直樹氏のコラボ

デザイナーイメージ
  • 木村 直樹
  • 建物はできるだけシンプルにつくり彩りは生活の中でつけていくことを考え設計しました。様々なライフスタイルに対応できるヴァリエーションと家族の成長に合わせて家も変化する。そんな住まいを目指しました。まだ利用方法が規定されていない「間」を住み手が徐々に作り上げ新しい生活スタイルが染み付いてくることを願っています。

著名建築家が語る「プラス間」の魅力とは

建築家写真
  • 吉田 研介(吉田研介建築設計室)
  • 架構形式にしても平面計画にしても非常にシンプルで、それでいて、可変性がある。目玉は1、2階とトップライトまで真ん中を抜いている吹き抜けと途中に張られた格子の床です。「これは何だ?」、「これは面白い!」、これまで経験したことの無いスペースで、とにかく作ってみたい、使ってみたい、経験してみたいと思わせるのがこの住まいの最大の特徴です。
建築家写真
  • 内海 智行(ミリグラムスタジオ)
  • 曖昧な領域(=間)の可能性を多様なユーザビリティーの喚起に委ねているところが面白いと思います。明らかに床ではない格子状の吹き抜けは、歩きづらく、空気も動くので、機能的には不完全です。しかし、その曖昧な不完全さこそが管理社会に生きる私たちにとって豊かな要素となり得るのです。二階の中心に据えながら少しだけ高いその「場所」を実際に楽しんでもらいたいと思っています。

CONTACT

お問い合わせ

プラス間に関するお問い合わせは、
下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

CONTACT

  • ◎本 社:
    〒414-0038 静岡県伊東市広野4-4-19
    Tel:0557-37-4321 Fax:0557-37-5701
  • ◎湘南本店:
    〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼5-1-8
    Tel:0466-23-2505 Fax:0466-27-9764